富士ヒル

週末は、那須で実業団のレースがあったが

私は、富士ヒルに参加。

 

【走る前の目標】

65分切り

年代別(35~39歳)8位以内

 

【走った後の結果】

68分28秒

年代別(35~39歳)27位

 

全く、お話にならない結果でした。

結果が悪かった以上に、去年より遅いことが問題ですね。

(昨年は、68分02秒)

 

とにかく、今年は人が多かった。(参加者が1万人を超えていた)

前日は、受付後の駐車場から出るのに一苦労

当日は、下山用荷物を預けるのに一苦労  という声を聞きました。

(特に下山用荷物預けでは、色々あったみたいです)

 

スタート前に、

特に寒くもなく軽くストレッチしながら待機していましたが、

そばに置いてあったロードのステムに65分切りのペース配分表が。

5km・10km・15km・20kmと5km毎になっていて、

普段は、そんな事を考えないので覚える気もなかったのに、

何故か記憶に残ってしまった。

 

スタートして、

5km   ペース配分表を15秒上回る

10km    ほぼペース配分表のタイムで通過

15km    ペース配分表から1分30秒遅れる

ここで、「残り9kmで90秒を挽回するだけの力が残っていない」と、

気持ちが切れて、丁度良いグループをみつけて

消極的に他力本願になってしまった。

 

富士ヒルで65分切りは、全体の中でもかなり僅かで、

そんな消極的な走りをしていたら、到底無理な話し。

そのグループを自らが引っ張り、全員を連れていくぐらいの

気持ちでなければ65分を切る事は出来ないだろう。

 

脚力以上に気持ちが、そのレベルに達していない。