トレーニング

【トレーニング内容】

SST         10min

②LT           10min×3

③AC  (1min&レスト1min)×6

SST        15min

みやだクリテリウム

E2 2組目 14位 30分52秒 (トップより +21秒)

 

今年は予選が無く、一発決勝が2組

エントリー数も少なかったので、各組とも30名程

E2は6周で、2・4周目にポイントがあり地元賞が貰えるんですが・・・

私は、一切関係ありませんでした。

 

レース内容は、常に集団の後方でインターバルの連続に

コーナーワークの下手さと相まって辛かった事しか記憶にないので、

各周回のラップタイムとみやだクリテ特徴の坂でのMAXパワーにて振り返り。

1周目 5分12秒 635W

2周目 5分06秒 570W

3周目 5分04秒 458W

4周目 5分12秒 511W

5周目 5分08秒 527W

6周目 5分10秒 575W

Garmin Connectで目算の為、多少のズレはあると思います

※坂は、全てシッティングで走っています

 

1周目の坂が、高めの数値になったのは、

それまでのコーナー処理の下手さ等が影響して、

位置を上げる為に踏んだ結果です。

3周目が最速ラップでしたが、個人的なレース後の感想としては

3周目は、ペース落ち着いたかなという印象が残っています。

きっと、坂のペースが落ちたから、そのように感じたのかもしれません。

とは言え、終始後手に回る、お決まりのダメパターンだったので、

 

昨年と比較

 

昨年 予選落ち 4周(12.80km) 21分18秒 【36.03km/h】

今年 予選なし 6周(19.20km) 30分52秒 【37.31km/h】

2周増えて、平均時速が多少上がってはいるが、

人数も少なかったし、最後集団に残れなかった事を考えると

まぁ、それ程成長してない。

 

昨日のヒルクライム→昨年並み

今日のクリテリウム→集団に残れず

先週のロードレース→昨年以下

さて、どうしたものか・・・

みやだ高原HC

E2 17位  44分25秒 (トップより +6分33秒)

 

全く成長を感じないヒルクライム

昨年のタイムが44分43秒なので、−18秒…

1年間トレーニングして、たった18秒…

しかも44分台と平凡以下にも関わらず

これだけということは、それは後退しているのと同じだと思う。

 

みやだHCは、スタートがポイント

スタート地点に斜度があって

クリートキャッチミスによる立ちゴケ発生で足止め。

そして、今年もありました。

レースを走れば、こう言ったトラブルに巻き込まれることはあるし

仕方の無い事だと思う。

自分が、トラブルの発生源にならなければ良い。

スタート位置も後方だった為、先頭と既に差が…

みやだHCは、スタートしてからの勾配がキツイので、

無理に追わず、パワーメーターを見ながらペースを保つ。

暫くして、サイコンで走行距離を見ると「3.30km」の表示

「エッ?まだ、3.3?」と思った瞬間、5kmの看板登場!

「全然、表示が違う…」と思うと同時に

経過距離なのか、残り距離なのかでモヤモヤ。

程なくして6kmの看板登場でスッキリ。

その辺りで、4人グループに追いついて、ラスト1kmまで一緒に走ったが、

ここは、もっと積極的に走らなければならない所だと思う。

ただ、それが理解出来ていても、絞り出せる力と強い気持ちが無い。

弱い人間の特徴

トレーニング

【トレーニング内容】

SST         10min

②LT           10min×2

③AC  (1min&レスト1min)×10

SST        30min

石川サイクルロードレース

42位 (トップより +1分40秒)

 

完全に実力不足

登坂力がなさ過ぎて、終始後手に回る展開に

 

【1周目】

石川のコースは、登り・下り・コーナーの立ち上がりと

ポイントが多く集団後方にいるとジリ貧になるので、

集団の真ん中辺りで走る。

後半の4kmは登りでブレーキシューが

当たっているんじゃないかと思うくらい重く、

集団内には残ったものの、2周目で千切れてしまう不安を感じる。

そして、その集団はまだまだ大勢いる。

【2周目】

ポイントは分かっているが、思うように動けない。

登りでは、ほぼ全力にも関わらず、ポジションが下がってしまい、

疲労困憊で下りを休んで、コーナーの立ち上がりでまた全力。

 

「集団後方特有のインターバル沼」

 

沼を抜け出せない(前に上がれない)

ただひたすら、集団に喰らいつくだけ

後半4kmを終えた時点で、もう力は残っていなかった...

 

【3周目】

最終周回

頭の中は、「集団から遅れたくない」と消極的になり

実力不足をカバーする気持ちも負けた。

その結果、ラスト3kmで集団から遅れて、単独でゴール。

 

元々、登坂力がある訳ではないが

今年は、昨年より登れない。

かと言って、平地が改善した訳でもない。

つまり、遅くなっているという事実。